ノンケとの出会い

出会い系にいるノンケに足跡を付けてフェラ友へと誘い出す
もともと自分はゲイではないんだけど、ゲイから誘われることが多くて。襲われて童貞奪われた(?)のも相手がゲイだったし。
それで自分はゲイなんだって思いこんでたけど、最近、ノンケとの出会いがあって、それで自分もそもそもはノンケなんじゃないだろうかって気がしてる。
久しぶりなんだよね、普通の男同士の友達って。
今までは、自分に興味持ってくれるのってゲイばっかりだったんだけど、そいつは純粋にそういう下心なく俺と遊んでくれるんだよ。
「今度、夏フェス行こうぜ」って誘われた時、「襲われる?」って一瞬疑ったんだけど、全然。
ノンケとの出会いに飢えてたから、男同士の当たり前の関係が分からなくなってたのかも。
やっぱり、それが自然だよな。一緒にいい音楽聞いて、色んな人と仲良くなって、セックスとかそういうの抜きで男同士って分かり合えるもんなんだよな。
なんか、今まで普通のノンケとの出会いがなくて、実は俺、肌を重ねたり体液交換したり、濃厚な関係は持ったけど、孤独だったんじゃないだろうかって気がしてきて。
自分が可哀想に思えて来た。
ノンケとの出会いで、それがちょっと解消されてきつつあるのかなって。
最初はそのノンケから誘われるたびに、恐れているのか期待してるのか分からない、妙な気分だったんだけど、最近は自分からも誘ったりできるようになって。
「○○行こうぜ」「いいね!」ってそれだけで、なんか十分満足なんだよ。
「俺たち気が合うよな」「だね!」ってそれだけで、セックスする以上の一体感があるんだよ。
ノンケのちんこ
ノンケ動画

乳首舐め

JCのクリトリスを弄って逮捕されずに済んだだけでも儲けもの
高校生の頃、水泳部の部長だった。いろんな大会にも出て表彰されたりもしたし、学校の中ではそこそこの有名人じゃなかったかな。それもあってか結構モテたんだ。バレンタインデーの日なんて机がチョコであふれかえって大変だったね。
だけど、当時の僕は男女交際には全く興味がなかった。女性と付き合ったことはなかったし水泳に青春をかけていたような学校生活だったから、童貞でもちっとも恥ずかしいとは思わなかった。でも、性への目覚めはあったんだ。
僕の所属していた水泳部では、1年生が上級生をマッサージするしきたりのようなものがあった。僕も1年生の頃は散々先輩のマッサージをさせられた。まあ、今だから言える話だけど、あからさまに足の付け根のリンパマッサージを要求する先輩もいたね。水着のままマッサージするから目の前でモッコリを見せつけられたりしたな。
そして、進級して今度は僕がマッサージされる側になったわけだ。さすがに、後輩にリンパマッサージはさせなかったけどね(笑)規則化されていたわけじゃないので、誰が誰をマッサージするかは特に決められてはいなかったのだけど、僕が部長になってからは女子部員がマッサージしてくれるようになった。水着のままの僕に、これまた水着の女子が馬乗りになって背中を指圧してくれるんだよ。当時は何とも思わなかったけど、今から思えば、ちょっとした風俗のようだよね。
女の子のマッサージなので基本的には効かない。でも、体をキュッとしてくれるだけで心地よくて、練習疲れもあってうとうとしてしまうことはしょっちゅうだった。そのまどろみもまた気持ちいいんだ。そんなある時、いつものようにマッサージ中にまどろんでいたら、これまで感じたことのないような刺激が訪れた。もう明らかに股間に血液が集中していくのが分かったね。なんだこれは?と思ってうっすらと目を開けると、女子部員が僕の乳首舐めをしていた。え?と思ったけど、あまりに気持ち良かったのでそのまま寝たふりをしたんだ。
後日談としては、その女子部員から告白されて僕は付き合うことになった。正直な話、ブサイクな子だったんだけど、僕の体が彼女の乳首舐めを忘れられなかったんだ。それが僕の性の目覚めだったね。今はすっかりおっさんになって女日照りの日々が続いているけど、今でも、あの時のまどろみの中の乳首舐めを思い出してチクニーしてるんだ。
オナ電
マンコ動画

イケメンのノンケ

ノンケとの出会い
私の考えすぎと言うこともあるかもしれないんだけど、彼氏の同僚がイケメンのノンケ好きなんじゃないかって。
最近、彼氏、転職したんだよね。それで、すごく面倒見のいい先輩がいて、仲良くなったって嬉しそうに話してて。
それで「その先輩が彼女に会ってみたいって言ってる」ってことなんで、三人で食事に行ったことあるの。
その時、なんていうか・・・バチバチっと火花が散ったんだよね。
女の直感っていうやつ?
あ、この人、イケメンのノンケ狙いだって。
会社では上手く隠してるつもりかもしれないけど、同じ男に関心がある者同士ってことで、分かり合えちゃうんだよね~そういうの。
私下げ発言も多いし、彼氏にも私の悪口色々吹きこんでるんじゃないのかなって勘ぐってる。
イケメンのノンケ好きの先輩・・・まさかの恋の邪魔者。なんかヘンなのに関わっちゃったな~って思ってる。
転職したばっかりだから、また転職しなよとも言えないし、本人はその親切な先輩がただのイケメンのノンケ好きだなんて疑ってもいないみたいだし。
しばらく様子見するけど、警戒は怠らないようにしないと、イケメンのノンケ好きな男に、彼氏取られる・・・かも?
私との仲を裂こうとする可能性って高いじゃん。
今は、彼氏も私にLOVE!だから心配はないけど、もう少ししたら倦怠期に入るじゃん。ケンカもするだろうし・・・
そのタイミングに何か仕掛けられたら、対抗できないよね。
これもイケメンの彼氏がいるせいだから仕方ない。だけど、女に邪魔されるのなら対抗手段ってあるけど、相手が男だしね・・・。
ちんこ舐めたい
ノンケのちんこ

パトロンとは

お金をくれる人
地方の再開発事業に関わっていて、斜に構えた人からは「地上げ屋」などと言われています。地域のことを考えたら土地を再開発に譲っていただくことが一番なのに、頑固な地主さんは多くて、交渉にはほとほと苦労します。自分の事ではなくて地域のことを考えてください、といつも喉から声が出かかっています。
ある地方の再開発を担当していた時に、そんな感じで土地を譲らない地主がいたのですよね。その土地に何があるのか?と調べてみたら、スナックばっかりでした。こりゃ地主ではなくスナック経営者側から攻めるしかないかな、としばらくそれらの店に通っていたんです。
その中の一つである「スナック鏑矢」のママもやっぱり「地主さんの意向次第」と言うことでした。彼女は若い頃に苦労をしていて見初めてくれたのが地主さんだったのです。そして、彼の土地に念願である自分の店を持たせてもらって、恩義を感じているとのこと。つまり、地主=パトロンなわけですね。単なる賃貸契約ならともかくパトロンとは厄介だなと思いました。パトロンとはお金だけの関係ではないですからね。
で、まあ、ミイラとりがミイラになると言いますか、スナックに通ってママの身の上話を聞いている内に惚れちゃったんですよね。年甲斐もなくお恥ずかしいことです。そして肉体関係も持ちました。パトロンの手前、いいの?と聞きましたが、その地主も立地にあるスナックのママのパトロンになって、とっかえひっかえ寝ているのだから別に構わない、とのことでした。結局、土地買収の話は一向に進まず、僕は定期的に出かけてはママと逢瀬を繰り返す不毛な関係を続けていました。
しかし、ある時、地主の持ち会社が不祥事を起こしてお金が必要になったようで、急転土地売却に応じてくれたのです。それはつまり、立地にあるスナックにも立ち退いてもらうことになります。地主さんの意向次第と言っていたとはいえ、借地権などを主張されたら厄介だなと思ったのですが、どのママも案外とあっさりと応じてくれました。「これでやっと私たちは解放されるのよね」と憑き物が落ちたような顔をしていたママたちの姿が印象的でした。
こうして、再開発が始まりました。ちなみに「スナック鏑矢」のママは別の土地に店を移転して商売を始めています。僕がパトロンになってね。
ブス専男子
デブ専パパとの食事デート

ソフレ募集

センズリ鑑賞のリクエストに応えて筆おろしをしてもらう事に
長年飼ってた猫が死んじゃって、それでもう猫は飼わないって思ったんだけど、やっぱり死んで半年くらいしたら、寂しくて。
それで、猫の里親募集に行ってみたんだ。
色んな猫ちゃん抱っこしてみてたんだけど、里親ボランティアしてる係の人から「こらこら、ソフレ募集してるんじゃないんだから」って笑われた。
だけど、抱き心地って大事でしょ?
言われて思ったけど、確かに猫飼うってソフレ募集の感覚があったかも。
一人で寝るより、暖かい何かを抱っこしてる方が寝つきがいいのは確かだよ。
一緒に付いて来てもらってた母親も「ソフレ募集」って意味は分かってなかったっぽいんだけど、「ほら~あなた、いつも猫抱っこして寝てたから、猫ちゃん迷惑なんじゃないの~?」って。
確かに、その時、抱っこしてた猫は抱っこされるの嫌いだったみたいで、私の腕の中でもがいてたけどね(笑)
オス猫は割と抱っこされるの嫌がるから、やっぱり飼うならメス猫だよね。
前の猫ちゃんは、私が布団に入ると、どこからかぐるにゃんって言いながら布団の中に入って来て・・・
暑くなると、にゅるっと出てきて・・・なんか、猫が死んでからも、時々布団の中に猫がいるような感覚に襲われる時がある。
そして、布団の中にいないと分かると、すごい絶望感に襲われるの。
ソフレ募集っていう表現はなんか腑に落ちないけど、そういう意味合いもあるのかもなとあらためて思ったわけ。
「あなたも、猫より、ボーイフレンド作ったら?」なんて母親の言葉さえなければ、私もその日不機嫌にならずに済んだのに・・・。
援交デリ
援デリ

筆おろし

セフレの作り方
ゴメン、絶対に誰にも言えないけど、俺の筆おろしの相手、兄貴の彼女だったんだよね。
兄貴と付き合ってる時に、よく家に遊びに来てたんだよ。
それで、顔見知りになって、たまたま別の時に駅でばったり会って、挨拶して雑談してたら、「ちょっと家による?すぐそこだから」って誘われて・・・
俺、断ったよ?ちゃんと断ったよ?
それに兄貴の彼女だってこともちゃんと知ってたし、そういうのは兄貴に悪いし、自分もなんかそういうの許せないし・・・。
だけど、男として生きるということは、こういう葛藤が常にそこにあるということなんだよね。
性欲には勝てない、ということで。
だって、家に遊びに来る時さ、兄貴とエッチしてる音とか声とか聞こえてて・・・。
ぶっちゃけムラムラしてたのは本当だし。
兄貴の彼女も俺が童貞だって分かってて、そういう声とかわざと聞こえるようにしてたんじゃないかって今は思うけどね。
だけど、筆おろしの相手としては最悪だよ。自分の身内みたいなもんだろ、兄貴の彼女なんてさぁ。
筆おろしは、まったく関係ない相手としたいじゃん。
自力でゲットした相手としたいじゃん。
こんな風に童貞を逆手に取られて、好奇心とムラムラだけで筆おろしされちゃうと、自分の性欲に対して罪悪感しか残らないんだよね。
自分の性欲を正当化できない相手とはエッチしちゃダメ、と筆おろしの時に既に学んだよ。
だから、俺、不倫とか二股とかも嫌いだし、略奪とか近親相姦とかも大嫌いだし、そういう話を聞くの、すごく嫌。
生息子
筆おろしアプリ

フェラ割

プチ援の種類について詳しく内容を説明します
 フェラ割で、1万円をふっかけてきた熟女がいました。
いくら何でも口だけなのに、万札一枚はないだろうなんて気持ちになってしまいました。
ところが、顔は綺麗だしテクニックは絶品だしで、1万円の価値がありました。

 僕は現在大学に通っている19歳です。
工業大学ですから、女の子は微かにいる程度であり、出会いのない世界で生活をしています。
端的に言えば、欲求不満。
一度アルバイト代を頑張って貯蓄して、風俗で童貞卒業をしました。
しかしその後、性処理は全くうまくいっていない状態。
極度の欲求不満に、体が震えてしまうほどです。
援交という方法もあるのですが、こちらの相場額が1万5000円から3万円程度。
さすがにこれもキツイ。
だからフェラ割で、3000円とか、5000円でさっくり抜いてもらいたいって気持ちを持ち、出会い系を利用してみました。

 やりとりした相手が30歳の熟女。
フェラ割で、1万円出して欲しいなんて言われるから、さすがに「ないわぁ」って気持ちになってしまったのが事実です。
「絶対に損はさせないし、見た目も悪くないよ」
「それならテレビ電話で、顔を見せてもらえます?」
「うん」
スカイプのテレビ電話で顔を見た途端でした。
「惚れてまうやろぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ」って、心の中で絶叫してしまったのです。
確かに美しい。
美魔女という、陳腐な言葉だけでは言い表せない美女でした。
さすがに1万円はきつかったけど、フェラ割お願いしてしまいました。

 目の前で見ても、その美しさは光り輝いていました。
某所の公衆トイレに入り、30歳の美し過ぎる熟女にフェラをやってもらったのですが、とろける快楽がそこにはありました。
まるで天国へ昇る階段を、一段一段踏みしめているような、そんな感覚。
体がふわふわしちゃって、全身が痺れるような錯覚に囚われて行くことに。
気が付けば、美人の口の中にザーメンを放出してしまっていました!

 さすがに、フェラ割で1万は高いとは思ったけど、この出会いは間違いがないものでした。
「本番なら3万円」って言われちゃったんですよね。
「それじゃ、アルバイト代を貯めるから、その時頼めます?」
「ふふっ、いいよ」
この流れで、現在アルバイトに精を出し、貯蓄中です。
プチ援掲示板
トイレでプチ援

パパ活サイト

電話エッチをしてオナ指示していたJDを僕の部屋に呼ぶ
確かに、俺の手取りって多い方じゃないよ。だけど、妻にパパ活サイトを使わせるほどじゃないんだよね。
だから、最初、妻がパパ活サイト使ってるって分かった時借金を疑ったのよ。
一応、妻もパート程度だけど仕事してるしさ。
生活も、贅沢してるわけじゃないし、妻だって自分の物ってそんな高級品使ってないし。
だけど、見た目だけでは分からないんだよね。そういうの。
パパ活サイトの一件が発覚した時、問い詰めたんだけど、なかなか口を割らなくて。
仕方ないから、郵便物かと色々チェックして、借金のことを付きとめたのね。
でも、その使い道が分からないわけ。
物ではない。男に貢いでるわけでもない。
パパ活サイトまで使ってお金を稼いでるにしては、うちの貯金ないし・・・。
で、結局、ギャンブルだったということが分かったんだよね。
パチンコ。パート帰りに同僚とパチンコ遊びする癖がついちゃったらしくて、それで抜けられなくなってた・・・。
お金がないから、パパ活サイトでちょっとお小遣いもらってまたパチンコだったみたい。
俺、仕事柄帰りが九時過ぎるんだよね。パートが終わってから夜まで一人になっちゃうから、寂しかったみたい。
だけど、そんなの言い訳にもならないよね。
だって、最初に家の両親と同居の話を断ったの、妻の方だし。
同居は断るし、寂しいからってパチンコするし、借金作って、パパ活サイトでしょ?
どうしてあげたらいいか分からなくなっちゃってさ。
不幸中の幸いだけど、まぁ、その借金も数十万位で、膨大ではなかった・・・離婚してあげたほうがいいのかなぁ。
神待ち少女
神待ち少女

マンコ動画

マンコ図鑑
 ネットで知り合った、年齢が26歳の看護師さんなんですが、かなりスケベな人なんです。
よく、無修正のマンコ動画を見せてくれるんです。
おかげで、大興奮のオナニーを満喫中です。

 関東某所で生活している、20歳の大学生です。
この1年間ほど、彼女もできなくて性的な不満が猛烈に高まってしまっていました。
それまでは、ネットにあるエロ動画を見ながらオナニーを満喫していました。
でも、より新鮮なエロい動画を送ってくれる、ネットの友達を見つけてからと言うもの、その子の動画に夢中になってしまっているんです。
SNSで、純粋な女友達として知り合ったのが、現役看護師の智恵ちゃんです。
仲良くなったきっかけというのが、同じミュージシャンが好きだったから。
そのミュージシャンの話題で盛り上がって、無料通話アプリ交換もしました。
正直、全然純粋な友達関係だと思っていたんです。
ところが、ひょんなことからエッチな話をするようにもなり、いつの間にか智恵ちゃんの自撮りマンコ動画を見せてもらう関係になっていました。

 きっかけは、彼女がいなくて欲求不満にならないのかという話からでした。
「経験はあるの?」と、大胆な事を聞いてくる看護師さん。
「あるけど、最近は全然エッチしてない」
「それじゃ、欲求不満でしょ」
ズバリなことを言われてドギマギな自分。
「そりゃまあね」
「毎日、自分で?」
「うん」
「おかずに困らない?」
「多少は」
「私で興奮できる?」
こんなこと言われて、できないなんて言えるわけもなく。
「当然、大興奮だと思うけど・・・」
「見たい?私の動画」
瞬間、言葉が出ませんでした。
「いいの?」
「今送ってあげる」
本当に、動画ファイルが送られてきたのです。
それを開いてみたところ、なんとモロ見えてしまうマンコ動画でした。
もう、ただただびっくり仰天。
「これ、自撮り???」
「ふふ、興奮できる?」
「思いっきりできる」
自分を挑発するかのような動画を送り、そのまま通話は終了。
通話終了と共に、その動画をじっくりと鑑賞。ガチなヤバさを感じてしまったのです。
ネットには、確かに自撮りの動画がアップはされているものの、何処の誰のモノとも分らない。
でも、今回送られてきたのは、撮影相手が分かっている。
その興奮たるや、それまでの動画では感じたことがないものだったのです。
当たり前のようにオナニーをして、何度も射精してしまったのでした。

 その後も、看護師の智恵ちゃんは自撮りのエロい動画を送ってきて、自分を挑発してくるんです。
これ、からかわれているのかな?
それでも、エッチなおかずが手に入って、かなり満足気味です。
オナ指示
オナ指示

エロイプ募集

セフレ探しの法則を覚えて相互オナニーから2人のセフレ
 不倫願望こそないものの、性的な欲望や女として認められたい気持ちを持つ人妻は、かなりいると思います。
僕は出会い系を利用している23歳なのですが、出会い系の中では人妻はとても美味しい存在になってくれています。
特に、楽勝だと言えるのがエロイプ募集している人妻。
直接会うのは怖いけど、不満な気分を払拭したいと思いエロイプ募集をする人妻は、とても簡単に通話が可能になります。
直ぐ快楽が欲しくてエロイプ募集をするのですから、話が早くて済みます。
人妻の中には、関係を深めてセフレになるようなパターンだってあるんです。

 一番近いところで言えば、2週間前に知り合った33歳の人妻。
彼女は、結構派手にエッチな気分を味わってくれた人でした。
彩絵さん、家庭内のセックスが無くなってから久しいと話していました。
「凄く疼いてしまってて、困ってるの」
「なら、直ぐ気持ちよくしてあげますよ」
「うん、通話でエッチなこと言ってください」
ここでID交換して、即通話開始になりました。

 彩絵さん、性的な刺激には従順そのものでした。
「ほら、スケベなオマンコよく見えるように、M字開脚して」
「しました・・」
「知らない男に見られてるって思うんだよ」
「はい・・恥ずかしいです」
「マン汁が溢れてきたんじゃないのか?」
「はい・・」
「ビラを広げて見せてみようか」
「は・は・はい・・・・」
完全にスイッチが入ってしまった人妻、すべてが言うなり。
オマンコを触らせると、妖艶な喘ぎ声でこちらの心を刺激してきました。
彼女の持っているバイブを突っ込ませる。
「はっはっはっ、あ~ん、いいっ、あんあんあん」
バイブで何回もアクメを感じてしまうほどのスケベさんでした。

 3回ほど通話して、彩絵さんは待ち合わせに応じてくれました。
やっぱりエロイプ募集する人妻って、楽勝だって言えますね。
スカイプちゃんねる
エロ動画