ノンケとの出会い

出会い系にいるノンケに足跡を付けてフェラ友へと誘い出す
もともと自分はゲイではないんだけど、ゲイから誘われることが多くて。襲われて童貞奪われた(?)のも相手がゲイだったし。
それで自分はゲイなんだって思いこんでたけど、最近、ノンケとの出会いがあって、それで自分もそもそもはノンケなんじゃないだろうかって気がしてる。
久しぶりなんだよね、普通の男同士の友達って。
今までは、自分に興味持ってくれるのってゲイばっかりだったんだけど、そいつは純粋にそういう下心なく俺と遊んでくれるんだよ。
「今度、夏フェス行こうぜ」って誘われた時、「襲われる?」って一瞬疑ったんだけど、全然。
ノンケとの出会いに飢えてたから、男同士の当たり前の関係が分からなくなってたのかも。
やっぱり、それが自然だよな。一緒にいい音楽聞いて、色んな人と仲良くなって、セックスとかそういうの抜きで男同士って分かり合えるもんなんだよな。
なんか、今まで普通のノンケとの出会いがなくて、実は俺、肌を重ねたり体液交換したり、濃厚な関係は持ったけど、孤独だったんじゃないだろうかって気がしてきて。
自分が可哀想に思えて来た。
ノンケとの出会いで、それがちょっと解消されてきつつあるのかなって。
最初はそのノンケから誘われるたびに、恐れているのか期待してるのか分からない、妙な気分だったんだけど、最近は自分からも誘ったりできるようになって。
「○○行こうぜ」「いいね!」ってそれだけで、なんか十分満足なんだよ。
「俺たち気が合うよな」「だね!」ってそれだけで、セックスする以上の一体感があるんだよ。
ノンケのちんこ
ノンケ動画