乳首舐め

JCのクリトリスを弄って逮捕されずに済んだだけでも儲けもの
高校生の頃、水泳部の部長だった。いろんな大会にも出て表彰されたりもしたし、学校の中ではそこそこの有名人じゃなかったかな。それもあってか結構モテたんだ。バレンタインデーの日なんて机がチョコであふれかえって大変だったね。
だけど、当時の僕は男女交際には全く興味がなかった。女性と付き合ったことはなかったし水泳に青春をかけていたような学校生活だったから、童貞でもちっとも恥ずかしいとは思わなかった。でも、性への目覚めはあったんだ。
僕の所属していた水泳部では、1年生が上級生をマッサージするしきたりのようなものがあった。僕も1年生の頃は散々先輩のマッサージをさせられた。まあ、今だから言える話だけど、あからさまに足の付け根のリンパマッサージを要求する先輩もいたね。水着のままマッサージするから目の前でモッコリを見せつけられたりしたな。
そして、進級して今度は僕がマッサージされる側になったわけだ。さすがに、後輩にリンパマッサージはさせなかったけどね(笑)規則化されていたわけじゃないので、誰が誰をマッサージするかは特に決められてはいなかったのだけど、僕が部長になってからは女子部員がマッサージしてくれるようになった。水着のままの僕に、これまた水着の女子が馬乗りになって背中を指圧してくれるんだよ。当時は何とも思わなかったけど、今から思えば、ちょっとした風俗のようだよね。
女の子のマッサージなので基本的には効かない。でも、体をキュッとしてくれるだけで心地よくて、練習疲れもあってうとうとしてしまうことはしょっちゅうだった。そのまどろみもまた気持ちいいんだ。そんなある時、いつものようにマッサージ中にまどろんでいたら、これまで感じたことのないような刺激が訪れた。もう明らかに股間に血液が集中していくのが分かったね。なんだこれは?と思ってうっすらと目を開けると、女子部員が僕の乳首舐めをしていた。え?と思ったけど、あまりに気持ち良かったのでそのまま寝たふりをしたんだ。
後日談としては、その女子部員から告白されて僕は付き合うことになった。正直な話、ブサイクな子だったんだけど、僕の体が彼女の乳首舐めを忘れられなかったんだ。それが僕の性の目覚めだったね。今はすっかりおっさんになって女日照りの日々が続いているけど、今でも、あの時のまどろみの中の乳首舐めを思い出してチクニーしてるんだ。
オナ電
マンコ動画