円交

オナ電を繰り返していた女子大生と念願の生セックスに成功
円交してた時は、あんまり季節感とか生活感ってなかったなー。
出かけるのどうせ夕方からだし。
昼過ぎまで寝て、それからって感じだったからね。
食べるのも、興味なくて、テキトーに簡単にすぐに食べられるものしか口にしてなかったよ。
さすがに野菜とかは食べるようにしてたけど。
だって、ニキビとかすごい肌荒れでさ。ビタミン剤飲んでたけど、あんまり効果なくて。
果物と野菜は、食べるようにしてる。それも生でかじれるやつね。
セロリとかニンジンとか何気にそのままかぶりつけるし、健康っぽいイメージあるし、楽だよね。
今は円交とかしてないけど、その食生活は相変わらずだねー。
円交してた時は、自分を見失ってたと言った方がいいかもしれない。
目的がなくて、その目的のなさを直視したくなくて、それで円交して時間つぶしてた。
現実逃避の手段として円交してたんだよね。
円交してると、とりあえず男は私のことを「円光する女」としてしか見ないじゃん。
円交してるバカな女で、そんなに期待もしないじゃん。
普通に生活してると「仕事何してるの」とか「したいことは何」とかガツガツ生活してないと、存在意義がないみたいな?
そういう恐ろしさがあったんだ。
とりあえず円交してれば、勝手に向こうが色眼鏡で見てくれるから、楽でさ。
何気に生活も潤ってたし(笑)
それに同業者・・・円交仲間もできて、情報交換とかもできたしね。
とりあえず、本来の自分がどうであれ、円交さえしてれば、周りがテキトーに自分を判断してくれるのが楽だったというだけなんだ。
エロチャット
チャットオナニー