筆おろし

セフレの作り方
ゴメン、絶対に誰にも言えないけど、俺の筆おろしの相手、兄貴の彼女だったんだよね。
兄貴と付き合ってる時に、よく家に遊びに来てたんだよ。
それで、顔見知りになって、たまたま別の時に駅でばったり会って、挨拶して雑談してたら、「ちょっと家による?すぐそこだから」って誘われて・・・
俺、断ったよ?ちゃんと断ったよ?
それに兄貴の彼女だってこともちゃんと知ってたし、そういうのは兄貴に悪いし、自分もなんかそういうの許せないし・・・。
だけど、男として生きるということは、こういう葛藤が常にそこにあるということなんだよね。
性欲には勝てない、ということで。
だって、家に遊びに来る時さ、兄貴とエッチしてる音とか声とか聞こえてて・・・。
ぶっちゃけムラムラしてたのは本当だし。
兄貴の彼女も俺が童貞だって分かってて、そういう声とかわざと聞こえるようにしてたんじゃないかって今は思うけどね。
だけど、筆おろしの相手としては最悪だよ。自分の身内みたいなもんだろ、兄貴の彼女なんてさぁ。
筆おろしは、まったく関係ない相手としたいじゃん。
自力でゲットした相手としたいじゃん。
こんな風に童貞を逆手に取られて、好奇心とムラムラだけで筆おろしされちゃうと、自分の性欲に対して罪悪感しか残らないんだよね。
自分の性欲を正当化できない相手とはエッチしちゃダメ、と筆おろしの時に既に学んだよ。
だから、俺、不倫とか二股とかも嫌いだし、略奪とか近親相姦とかも大嫌いだし、そういう話を聞くの、すごく嫌。
生息子
筆おろしアプリ